群馬FCホワイトスター 2-1(0-0、2-1) INAC多摩川レオネッサU-18

  関東プリンセスリーグ最終戦となりました。試合は開始早々からイージーミスを連発し、なかなかリズムが作れずに苦戦しました。攻撃に入るも、スタート段階からミスで攻撃の芽を自ら摘んでしまうという悪循環の立ち上がりとなってしまいました。その中でも途中から徐々に落ち着きを取り戻し、ゲームを組み立てられるようになりました。後半に良い形で2点取れたことは良かった点ですが、失点シーンは余りにも軽率なプレーから生まれてしまいました。早急に修正する必要がある部分です。

 この試合をもちまして準加盟として参加させて頂きました2016年度の関東プリンセスリーグが終了致しました。このリーグで沢山の高いレベルのチームと対戦させて頂きましたことは選手達には非常に大きな経験と成ったことと思います。シーズンを通して多くの失点がありましたが、そこをトレーニングにより改善していくことが2017年度に飛躍するためには必要不可欠であると感じた部分です。選手達にはこのリーグで得た経験を今後に役立てて欲しいと思います。