群馬FCホワイトスター 4-1 前橋育英高等学校

群馬県女子サッカー選手権もいよいよ準決勝となりました。会場は県営サッカー場で対戦相手は関東2部リーグの前橋育英高校でした。ここ数年、このステージで不完全燃焼のまま敗退してきた経験もあり、選手達も少し緊張感のある中でのスタートとなりました。

試合の方は、開始早々に先制ゴールが決まり、それも狙い通りのゴールであったため、選手達のプレッシャーは解放された様でその後立て続けに2ゴールが決まり、3-0とリードすることが出来ました。ブレイク後に相手選手の見事なシュートで1点返されましたが、後半も落ち着いた試合運びが出来、終盤には追加点が決まり、この得点で勝負が決まりました。試合内容としてはまだまだ改善しなくてはいけないですが、今日は選手達が自信を持ってプレー出来ていたのではないかと思います。今日は試合会場に前橋市の山本市長をはじめ、沢山の方々に応援に駆け付けて頂けたことも選手達の力を発揮出来た大きな要因であったと思います。そして、何よりも、サポーターとして大きな声で応援して頂いた方々に本当に感謝の気持ちで一杯でございます。この勝利はチームだけでなく、群馬FCホワイトスターとしての総力で掴んだ勝利であったと思います。明日の決勝戦は前年度優勝チームである東洋大学です。簡単ではありませんが、私達も勝って優勝することしか考えておりません。良いサッカーをして勝つ。そこに私達の情熱を注ぎ込みます!

明日は930K.O.東スタジアムでの決勝戦です。皆様の応援と共にタイトルを取ります!

明日も応援宜しくお願い申し上げます。