1112日 藤岡庚申山サッカー場

群馬FCホワイトスター 4-1 太田レディース

この試合に勝利したことによりまして、2017シーズンの群馬県女子サッカーリーグの優勝が決定致しました。一年間応援して下さった皆様に心より感謝申し上げます。引き続き、関東リーグ昇格へ向けた準備を進めていきます。

 本日の試合は立ち上がりから集中できたと思います。相手チームには隙を作ったら決定的な仕事を出来る選手達がいるため、気の抜けない展開となりましたが、早い時間に良い形からの得点により、その後の展開を思い通りに出来たとは思います。2017シーズンは社会人選手、高校生、中学生でチームを編成しました。選手権の決勝では全くリズムが作れずに敗れ、その後は多くの話し合いが行われ、県リーグでも上手く機能しない試合も数試合あり、決して順調とは言えないシーズンでしたが、優勝を決定する本日は2017年を締め括る良い試合が出来たと思います。それは選手個々、そしてチームとしても成長した証です。

 幅広い世代で編成したチームは意識の違いやサッカーに対する考え方等で当然違いがあることは認めなくてはいけない事実です。しかしながら、本日の試合では骨格となる社会人選手は当然質の高いプレーを披露してくれましたが、6人の中高生も素晴らしい活躍をしてくれました。彼女達をこのレベルまで成長させてくれたのは骨格となる社会人選手達であり、神成監督の仕事の成果であったと思います。多くの問題を乗り越えて諦めずに進み続けた結果が本日の試合だったと思います。

 クラブ創設11年目にして初めての群馬県リーグ制覇となりました。過去には数多くの準優勝を経験し、あと一歩のところで悔し涙を流してきました。その過去があったからこそ、今日のチームが存在する。そんな優勝決定戦でした。

 本日は4名の中学生が堂々とした活躍を見せました。トップチームはこれから先、なでしこリーグへ向けたチャレンジを進めていきますが、同時に中学生、高校生の育成にも今以上の力を注ぎ一人でも多くの選手をトップチームにデビューさせていきたいと思います。