【10月5日】

群馬FCホワイトスター 2-3 福岡J・アンクラス

予算大会2戦目は逆転負けとなってしまいました。
試合開始から集中した良いゲームができたのですが、少し力及ばずに敗戦となりました。

【10月6日】

群馬FCホワイトスター 2-0 ディオッサ出雲

2日目で予選リーグ敗退が決定してしまいました。この試合の結果に関係なくホワイトスターの2020年度チャレンジリーグ参戦へ向けた挑戦は志半ばで潰えてしまいましたが、沢山の応援駆けつけて頂きました方々、群馬から応援して頂き結果を気にして頂いた方々、
そしてスポンサーの皆様の気持ちを無駄にすることは出来ないとの思いで全力で勝負に挑みました。試合も良い内容で勝つことができ、将来へ向けた良いスタートを切ることができました。2019シーズンのチャレンジリーグ参入の挑戦は叶いませんでしたが、選手達は立派なプレーが出来たと思います。しかしながら、結果が全てなのは言うまでもありません。
今年の私達には何か足りない部分があったのだと考えております。早急に改善し、これから控える皇后杯本戦に挑みます!
今回の挑戦は私達の今後に大きな収穫をもたらしてくれることになると思います。ですから失敗ではなく経験と捉えさせて頂きます。将来、大きなクラブとなり、高いステージで戦うためには今、何を考え行動していくかが重要だと思います。クラブ組織の更なる整備、
そして多くの方がサポーターになって頂けるようなPR、コンテンツとしてのブランディング、そして魅力的なサッカーが展開できるチーム、それを可能にするテクニカルチーム、
課題は山積みですが、私達は諦めずに挑戦して参ります。皆様、今後の群馬FCホワイトスターに是非ともご期待ください!
最後に、今年の予選大会も皆様の心温まる応援のおかげで最高に有意義な時間を皆様と共有させて頂くことができました。勝てなかったことは本当に申し訳ない気持ちで一杯でございまが皆様の応援、心より感謝申し上げます。